自己破産について

自己破産のメリット・デメリット。意外とデメリットは少ない!?

投稿日:

自己破産のメリットとデメリットについてのお話です。

なんとなく自己破産って『借金が全部なくなる変わりに家とかも失うんでしょ~』ぐらいでは知っていると思いますが、細かい部分のメリットとデメリットを知っておかないと痛い目に合う可能性もあるので

ちゃんと知っておきましょう!

自己破産のメリット

借金を自己破産する人にとって一番のメリットは、やっぱり借金が無くなることです。

ただ、ちょっとした認識の違いですが厳密に言うと借金が無くなるわけではないんです。

自己破産を行うと借金を払う責任が免除されるので、消費者金融などの債権者側が取りたてを出来なくなるというのが自己破産になります。

ほとんど似たような認識でOKですが、細かく言うとこうなります。

 

借金が無くなるというのは、他の債務整理方法と比べると自己破産だけ特に大きなメリットになっています。

特定調停の場合は元金、利息、遅延損害金まで支払わないといけない可能性が高くなっています。

任意整理の場合は利息と遅延損害金は無くせるケースが多いですが、過払い金が無いと元金を減らすことが難しくなっています。

個人再生の場合は借金を大きく減らすことができますが、住宅ローンを抱えたままの返済になったりするので、いずれにしても返済の義務は付きまといます。

そんな中自己破産は手続きが完了すると一切返済する必要性がないので、かなり大きなメリットです。

 

ただし、どんな支払い責任も無くなるかというと少し違います。

各種税金や養育費、婚姻費用などについては自己破産直後でも支払う義務があるので注意しましょう。

借金以外に支払っているものがある場合は、事前に弁護士と相談して支払う必要性を確認しておくのが安全です。

自己破産のデメリット

自己破産を行うと、大なり小なりデメリットが発生します。

ただ、人によってはほとんどダメージの無いようなデメリットだったりもしますよ!

信用情報に傷が付く

自己破産に限った話ではないですが、債務整理を行うと信用情報に傷が付きます。

いわゆるブラックリストですね。

自己破産を行ったときのブラックリスト入りについてはいろいろな話が出ています。

  • 滞納している時点でブラックリスト入りしていて、自己破産を行うと債務情報そのものが削除されるのでブラックリストから解除される。
  • クレカ系のブラックリストに新しく入れられる

などなど、挙がっています。

ブラックリストと言っても、種類があるので実際にドコに登録されたか、もしくは1つもされていないかについては確認してみないことには分からない物だったりします。

ブラックリストに登録されるデメリットとしては、5~10年程度、新規のクレジットカードが作れなかったり、ローンが組めないといった事になります。

財産を失う

関連記事
no image
債務整理の最終手段!自己破産の特徴について

債務整理には『任意整理』『個人再生』『自己破産』『特定調停』と大きく4種類に分けることができます。 その中でも最終手段である自己破産の特徴について説明します。 自己破産の特徴 自己破産は裁判所を通して ...

上記記事でも紹介していますが、住宅や車などの価値がある物は清算されてしまいます。

20万円以下の物、99万円以下の現金。その他生活に必要な最低限の物は残すことが出来るようになっています。

一時的に就けない職業がある

いわゆる士業や警備員、保険関係などの職業に免責決定まで就くことができなくなります。

現業の場合は休職という形になるかと思いますが、就業規則によっては最悪退職になってしまう可能性も考えられます。

ここは弁護士さんと該当しないか確実に確認しておきたい部分ですね。

官報に載る

あまり大した意味はないですが、政府発行の官報に破産者として住所、氏名が記載されます。

ここを毎日片っ端から確認するのは相当な変態ぐらいなので気にする必要はないでしょう。

デメリットまとめ

ネガティブな印象の強い自己破産ですが、財産を失う事意外では、実はそこまで大きなデメリットはありません。

価値のある財産を持っておらず、職種制限にもかからない状態ならブラックリストに掲載されることぐらいでしょうか。

と言っても借金返済の滞納が続いていた場合既にブラックリスト入りしている可能性は高いですし、現状とあまり変わらないということも多いと思います。

 

また、一般的にデメリットだと勘違いされやすいことも存在しています。

本当はそんなことないのに、デメリットだと認識されてしまっているということですね。

それに関しては以下の記事でまとめましたので、併せてご覧ください。

関連記事
no image
自己破産すると戸籍や住民票に履歴が残る!?間違った情報です!

自己破産のデメリットとして間違った情報が広まっていることがあります。 戸籍や住民票に履歴が残る 引越しや海外旅行にいけない 選挙権が無くなる 子供の将来に影響する こういったことは全て自己破産とは影響 ...

自己破産に強い弁護士事務所

東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

特徴

  • 休日・夜間電話対応可能
  • 全国出張可能
  • 弁護士歴45年以上のベテラン2名在籍

自己破産費用の記載:有

着手金:20万円

報酬金:20万円

諸費用:5万円(管財の場合20万円~)

名村法律事務所

名村法律事務所

特徴

  • 全国出張可能
  • 個人再生・自己破産手続きを得意としている
  • 弁護士歴25年

ホームページに料金の記載:有

  • 着手金:20万円~
  • 報酬金:20万円~
  • 諸費用:債権者数×5000円

-自己破産について

Copyright© 自己破産費用の相場|弁護士に依頼する費用を紹介! , 2018 All Rights Reserved.