自己破産について

自己破産で聞く免責不許可事由ってなに?ギャンブルや娯楽の借金があるとマズいかも!

投稿日:

自己破産に関する情報を見ていると『免責許可事由』って言葉が出てきますよね。

漢字ばっかりでややこしいもんです。

免責不許可事由が何か?と簡単に説明すると

なんらかの理由で借金の免除はできません

ということなんですよね。

 

そこで、『なんらか』が何なのかについて説明します。

ギャンブルや浪費

競馬やパチンコ、スロットによる借金は免責不許可事由に当てはまります

また、不動産投資であったりFXによる借金も当てはまります

他には遊びや趣味などの買い物でも免責不許可事由に当てはまります

簡単に言うと、一般的に考えて自己責任だよね。と言われてしまうような散財による借金理由が免責不許可事由になります。

転売

クレジットカードで正当な理由っぽい物などを購入したとしても、後で質屋に売って現金化していた場合は免責不許可事由となります。

借金理由として正当な買い物をした!と言い張っても、その後に換金していて現物が残っていないので隠すことはできません。

破産手続きの妨げ

ここからは破産手続き中に免責不許可になるパターンです。

財産隠し

自己破産では破産者名義の所有物をほぼ全て清算する必要があります。

例えば、家や車などが代表的ですね。

そういった20万円以上の価値がある物の一部を隠していたり、申告しなかった場合

虚偽の申請を行ったことになり、破産手続きの妨害になるので免責不許可事由となってしまいます。

破産管財人の指示に従わない

財産の清算を請け負う破産管財人ですが、この管財人の指示を無視しても破産手続きの妨害となり免責不許可となります。

また、多いのが裁判所での面談を『遅刻する。無視する』と言ったパターンです。

免責不許可事由の中で一番多いそうなので、くれぐれも自己破産スケジュールは守りましょう。

免責不許可事由に該当しても免責許可が下りる!

いろんなサイトを見ていると

ギャンブルや娯楽による借金は自己破産が行えません』と言い切っていますが

実際はそんなことありません。

裁判所で面談が行われるので、その際にちゃんと反省して今後正しく建て直す意志を見せれば

寛容に見てもらえるので、仮にギャンブルでの借金が大半だったとしても免責が許可されるケースが多いです。

 

ですので、ギャンブルの借金は自己破産できないから別の言い訳を作る!なんてことはしないでください。

必ず辻褄が合わなくなって、嘘がバレます。

そうなってくると当然、自己破産手続きの妨害となって免責不許可事由に該当してしまいます。

 

裁判官の裁量によるウェイトが大きいのは事実ですが、自己破産後の正しい家計管理を行っていく姿勢を見せれば

問題はありません。

自己破産に強い弁護士事務所

東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

特徴

  • 休日・夜間電話対応可能
  • 全国出張可能
  • 弁護士歴45年以上のベテラン2名在籍

自己破産費用の記載:有

着手金:20万円

報酬金:20万円

諸費用:5万円(管財の場合20万円~)

名村法律事務所

名村法律事務所

特徴

  • 全国出張可能
  • 個人再生・自己破産手続きを得意としている
  • 弁護士歴25年

ホームページに料金の記載:有

  • 着手金:20万円~
  • 報酬金:20万円~
  • 諸費用:債権者数×5000円

-自己破産について

Copyright© 自己破産費用の相場|弁護士に依頼する費用を紹介! , 2018 All Rights Reserved.