自己破産について

自己破産が管財事件だった場合の手続きの流れ

投稿日:

自己破産を申請するためには事前に準備しておくことがたくさんあります。

事前準備に関しては次の記事を参考にしてください。

参考記事
no image
破産手続きの流れ

破産を行うまでには多くの工程があります。 手間や時間がかかるので、事前にある程度把握しておきましょう。 破産を申し立てるまでの流れ 自己破産の同時廃止と管財事件では、裁判所に破産を申し出てからの流れが ...

同時廃止と管財事件では申立ての流れが違うので、ここでは管財事件の場合で流れを説明します。

同時廃止の流れについては以下の記事を参考にしてくださいね。

参考記事
no image
自己破産が同時廃止だった場合の手続きの流れ

自己破産を申請するためには事前に準備しておくことがたくさんあります。 事前準備に関しては次の記事を参考にしてください。 同時廃止と管財事件では申立ての流れが違うので、ここでは同時廃止の場合で流れを説明 ...

裁判所に申立てる

事前に準備する物が揃ったら、満を持して裁判所へ申立てに行きます。

そのときに、二つの手続きを同時に申し立てることになります。

  • 破産手続き開始の申立て
  • 免責許可の申立て

簡単に説明すると

破産手続き開始の申立て・・・金融会社などへの財産分配のために、財産の清算手続きの開始を求める申告

免責許可の申立て・・・あなたの借金を無くすための申告

となります。

申立てを終えるて、自己破産手続きの開始が決定されると場合によっては裁判官との面談を行う必要が出てきます。

借金に至った経緯だったり、事前に準備した書類へのツッコミなどがあり、自己破産の申立てが正当なものか判断されることになります。

弁護士に依頼しているなら代理人として答弁に向かうことができるので、あなたが直接裁判官と面談する必要はありません。

細かい点はそれぞれ裁判所によって若干の違いはありますが、代理人じゃダメということはまず無いでしょう。

そして、この段階で管財事件か同時廃止かの決定がされます。

管財事件になった場合

破産管財人による財産の調査や管理が行われます。

また、免責不許可事由が無いかの調査も同時に行われます。

財産があった場合は、清算して金融会社などに分配する必要があるので、避けることはできません。

 

管財人による調査以外では、郵便が転送されるようになったり、あなた自身が裁判所へ出向かなければいけない機会も発生します。

まず、破産管財人との打ち合わせがあります。

破産管財人には弁護士が割り当てられるので、その弁護士の事務所へ向かうのが一般的です。

そこで破産の理由や財産の説明などを求められ、必要があれば書類の追加作成などが行われます。

同時に免責不許可事由の調査も行われるので、反省の様子が無かったり、指示に従わない場合は借金の免除がされなくなってしまうこともあります。

しっかりと今後は正しく建て直すという姿勢と謙虚な対応で望みましょう。大切な面談です。

 

管財人との打ち合わせが終わり、手続きが進んでいくと今度は債権者集会というのに出向かなければいけません。

ここでは破産管財人が調査の結果を述べるほか、財産の分配内容などが債権者に伝えられます。

実際のところ金融業者の人間が参加することはほとんどないそうです。ただ、個人間の借金などがあった場合は、その個人が参加し意見陳述を行うことは多いようです。

大体はこの1回で終了しますが、財産の清算が長引いている場合は2回目が行われることもあります。

住宅など不動産関係の売却や過払い金の請求には時間がかかることが多いので、そういったことが原因で2回目の債権者集会が開かれることになります。

内容としては1回目とかわりません。

 

ここまでを経て問題が無ければ破産手続きは完了します。

残りは免責手続きのみになります。

免責許可

管財事件の場合は、破産管財人との打ち合わせの段階で免責不許可事由に関する調査も同時に進行しています。

なので同時廃止のように個別で審尋が行われることはなく、債権者集会で審尋が行われることになります。

ですので、実際の流れとしては債権者集会が自己破産全体の最後の工程と考えてもOkです。

 

免責の許可が下りれば借金はなくなります。

自己破産に強い弁護士事務所

東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

特徴

  • 休日・夜間電話対応可能
  • 全国出張可能
  • 弁護士歴45年以上のベテラン2名在籍

自己破産費用の記載:有

着手金:20万円

報酬金:20万円

諸費用:5万円(管財の場合20万円~)

名村法律事務所

名村法律事務所

特徴

  • 全国出張可能
  • 個人再生・自己破産手続きを得意としている
  • 弁護士歴25年

ホームページに料金の記載:有

  • 着手金:20万円~
  • 報酬金:20万円~
  • 諸費用:債権者数×5000円

-自己破産について

Copyright© 自己破産費用の相場|弁護士に依頼する費用を紹介! , 2018 All Rights Reserved.