自己破産について

自己破産が同時廃止だった場合の手続きの流れ

投稿日:

自己破産を申請するためには事前に準備しておくことがたくさんあります。

事前準備に関しては次の記事を参考にしてください。

参考記事
no image
破産手続きの流れ

破産を行うまでには多くの工程があります。 手間や時間がかかるので、事前にある程度把握しておきましょう。 破産を申し立てるまでの流れ 自己破産の同時廃止と管財事件では、裁判所に破産を申し出てからの流れが ...

同時廃止と管財事件では申立ての流れが違うので、ここでは同時廃止の場合で流れを説明します。

管財事件の流れについては以下の記事を参考にしてくださいね。

参考記事
no image
自己破産が管財事件だった場合の手続きの流れ

自己破産を申請するためには事前に準備しておくことがたくさんあります。 事前準備に関しては次の記事を参考にしてください。 同時廃止と管財事件では申立ての流れが違うので、ここでは管財事件の場合で流れを説明 ...

裁判所に申立てる

事前に準備する物が揃ったら、満を持して裁判所へ申立てに行きます。

そのときに、二つの手続きを同時に申し立てることになります。

  • 破産手続き開始の申立て
  • 免責許可の申立て

簡単に説明すると

破産手続き開始の申立て・・・金融会社などへの財産分配のために、財産の清算手続きの開始を求める申告

免責許可の申立て・・・あなたの借金を無くすための申告

となります。

 

申立てを終えるて、自己破産手続きの開始が決定されると場合によっては裁判官との面談を行う必要が出てきます。

借金に至った経緯だったり、事前に準備した書類へのツッコミなどがあり、自己破産の申立てが正当なものか判断されることになります。

弁護士に依頼しているなら代理人として答弁に向かうことができるので、あなたが直接裁判官と面談する必要はありません。

細かい点はそれぞれ裁判所によって若干の違いはありますが、代理人じゃダメということはまず無いでしょう。

そして、この段階で管財事件か同時廃止かの決定がされます。

同時廃止になった場合

裁判所の精査の結果、清算する財産が無いと判断され、免責不許可事由にも該当しない場合は同時廃止が成立します。

つまり、先ほどの破産手続き開始の申立ては意味が無かったということです。(財産の清算をする意味が無いから)

ただ、形式上は破産手続きを開始したと同時に終了した。ということになるので、申立てそのものは必ず必要です。

 

同時廃止の場合はこの段階で財産などの話は関係なくなります。

免責許可

財産の話が終わったので、ここからは借金の話になります。

まず、免責審尋といって、金融会社であったり、あなた自身に事情を聞く調査があります。

これに関しては弁護士に依頼していたとしても、あなた自身が裁判所に出廷して面談をすることになる可能性が高いと思っていてください。

基本的に探りを入れるような面談ではなく、各書類に不備が無いかの確認程度で終わることが多いので、時間的にもそこまでかかることは少ないです。

あくまでケースバイケースですが、基本的にはということで。

弁護士の同行もあるはずなので、分からないことや迷った場合は素直に質問するといいですね。

 

この免責審尋を終えると、免責の可否が出されます。

自己破産に強い弁護士事務所

東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所

特徴

  • 休日・夜間電話対応可能
  • 全国出張可能
  • 弁護士歴45年以上のベテラン2名在籍

自己破産費用の記載:有

着手金:20万円

報酬金:20万円

諸費用:5万円(管財の場合20万円~)

名村法律事務所

名村法律事務所

特徴

  • 全国出張可能
  • 個人再生・自己破産手続きを得意としている
  • 弁護士歴25年

ホームページに料金の記載:有

  • 着手金:20万円~
  • 報酬金:20万円~
  • 諸費用:債権者数×5000円

-自己破産について

Copyright© 自己破産費用の相場|弁護士に依頼する費用を紹介! , 2018 All Rights Reserved.